ドッグ

犬がかかりやすい皮膚病をチェック|ワンちゃんのお肌をやさしく守る

マイペースな性格

チワワ

日本で一番小さな犬がチワワです。この犬は自己主張が強い一面を持っていますので、小さなころからうまくしつけていかないと反抗的になったり、わがままな犬に育ってしまいます。マイペースな犬でもありますので、強くしかることは避けてください。

かかりやすい病気

動物病院

脂漏症の治療

犬がかかりやすい病気は何か知っていますか。いくつかありますが、その一つが皮膚病なんです。犬の皮膚病の原因は様々ですが、常在菌が原因ということもあります。常在菌はその名の通りに、健康な時でも体の中や外にいて、悪さをすることはありません。しかし、免疫力が落ちるなどの原因で常在菌が以上に増えたり活発になったりして、犬の体に影響を与えてしまうのです。常在菌が原因とされる犬の皮膚病に、脂漏症というものがあります。脂漏症はマラセチア菌やアレルギーが原因となっていて、乾性や油性の症状が出ます。フケや脱毛、発赤、ベタベタするなどの症状があらわれ、油性脂漏症がひどくなると、かゆみを伴った皮膚炎となります。乾性脂漏症は、保湿をする治療を行います。保湿効果のあるシャンプーとリンスを週1回から2回使用するのですが、シャンプーのし過ぎは症状を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。油性脂漏症の治療は、過剰な皮脂を取り除くため、脱脂できるシャンプーを週1回から2回使用します。また、かゆみを伴った皮膚炎の治療はステロイドの使用や、マラセチア菌が確認された場合は抗生物質を使用するのが一般的です。栄養バランスが悪いことも脂漏症の原因となります。獣医師と相談し、ミネラルやビタミンを補うことやフードを変えるなどの方法を取ります。その他に別の疾患が皮膚病の原因となっていることもあるので、気になることがあれば早めに獣医師に相談しましょう。

プロから犬を購入する良さ

獣医と動物

ブリーダーからポメラニアンを購入する際には、仔犬の出産前に予約が出来る場合があります。予約をしておくと、落ち着いて仔犬が迎えられます。ブリーダーと信頼関係を築けば、公開していない仔犬も紹介してもらえる可能性が高いです。

飼いやすい性格です

婦人とペット

トイプードルの飼い方としては2つほどの注意点があります。1つ目は、毎日運動をさせるということです。運動好きな犬種であるため、怠るとストレスが蓄積されます。2つ目は毛の手入れです。かなり毛がありますので、定期的にブラッシングを行うと良いです。